建築設備の各種検査点検のことなら東京美装にお任せください。

現在の場所:
トップページ

各種検査点検

ビルのオーナー様には法定点検は頭の痛い問題です。点検項目は多岐多様であり、いざというときのためのコンプライアンス対策としても非常に重要な位置づけにあります。

マンションの法定点検の例

法定点検の名称 対象となる建物・設備 点検の内容 点検の時期
特殊建築物等定期調査
(建築基準法12条1項)
特定行政庁が指定(床面積の合計が1,000m2を超えるもので5階以上の階にあるもの)建築物の敷地、構造及び建築設備 調査 6か月~3年の間で特定行政庁が定める時期
建築設備定期検査
(建築基準法12条3項)
特定行政庁が指定(床面積の合計が1,000m2を超えるもので5階以上の階にあるもの)換気設備、排煙設備、非常用の照明装置、給水設備、排水設備 検査 6か月~1年の間で特定行政庁が定める時期
昇降機定期検査
(建築基準法12条3項)
昇降機(エレベーター) 検査 6か月~1年の間で特定行政庁が定める時期
消防用設備等点検
(消防法17条の3の3)
  • 消火器具
  • 消防機関へ通報する火災報知設備
  • 誘導灯
  • 誘導標識
  • 消防用水
  • 非常コンセント設備
  • 無線通信補助設備
機器点検 6か月に1回
  • 屋内消火栓設備
  • スプリンクラー設備
  • 水噴霧消火設備
  • 泡消火設備
  • 二酸化炭素消火設備
  • ハロゲン化物消火設備
  • 粉末消火設備
  • 屋外消火栓設備
  • 消防動力ポンプ設備
  • 自動火災報知設備
  • ガス漏れ火災警報設備
  • 漏電火災警報器
  • 非常警報器具及び設備
  • 避難器具
  • 排煙設備
  • 連結散水設備
  • 連結送水管
  • 非常電源
  • 総合操作盤
  • パッケージ型消火設備
  • パッケージ型自動消火設備
機器点検 6か月に1回
総合点検 1年に1回
配線 総合点検 1年に1回
専用水道定期水質検査
(水道法3条6項、34条)
  • 水槽の有効容量が100m3を超える施設
  • 口径25mm以上の導管の全長が1,500m超
  • 居住人口100人超
  • 1日最大給水量が20m3
水質検査 1か月ごとに1回以上、臨時
消毒の残留効果等に関する検査 1日に1回以上
簡易専用水道管理状況検査
(水道法3条7項、34条の2)
水槽の有効容量が10m3を超える施設 水質検査 1年以内ごとに1回
水槽の掃除 1年以内ごとに1回
浄化槽の保守点検、清掃、定期検査
(浄化槽法7条、10条、11条)
屎尿及び雑排水を処理する浄化槽 保守点検 浄化槽の種類により1週間~6か月ごとに1回以上
清掃 全ばつ気方式は6か月ごとに1回以上、その他は1年に1回
水質検査 1年に1回
自家用電気工作物定期点検
(電気事業法39条、42条)
高圧(600V超)で受電する設備 月次点検 1か月に1回
年次点検 1年に1回
ページトップへ